記憶の山

登山の記録と記憶 児童養護施設で働いています。その考察を記録しています。

キャンプと焚火問題を考える

最近は私の周りで、キャンプや野遊びをしたいという人が増えてきた。
KIMG2260

よくお世話になっているキャンプ場もここ数年は賑わいを見せ、どちらかといえば田舎地域に居住する私は、原油と複合材料で形成された都市群のストレスと、自然の発するヒーリング効果の絶大さを実感している。

とはいえ、登山の世界は肌感ではそんなに変化は見られない。沢登りにおいては、綺麗なウェアに身を包みキャッキャウフフと水浴びをする女性の姿は皆無であり、吸血ヒルに吸われようとも行軍し「沢にいるんだから洗濯してるのと一緒でしょ」と、服と身体を数日間洗うことをせず「街に出るから流石に・・」と、半ば仕方なく風呂に入る様な、人の皮を被った動物といえる人種しか相変わらず見かけない。

焚火においても「見つめている時間が至福」というのが昨今のキャンプブームにおける焚火の魅力であるが、こと登山中においては、確かに焚火のために渓谷に入ることもあるのだが、濡れた尻を焚火に当て「こりゃぁあったけぇな」と座薬を入れる為に尻を妻に突き出すが如くの姿勢で保温と乾燥を行うためなのであり、「でっかいお肉」を広告宣伝にでも使えそうな絵面で美味しく頂くのではなく、沢の途中で捕獲したヒキガエルやキノコ、渓流魚、もしくは残置された加工食品を、サササッと調理するための焚火である。

沢で安全な場所で野営する際には酒もしこたま飲む。焚火で燻した渓流魚で作る骨酒は格別なのだが、魚が骨身になるまでは、男達がベロベロにしゃぶり尽くした魚で作るため、もはや衛生環境や絵面だけでいえば「地獄絵図」なのだが、気にしたことは一度もない。

KIMG2248



昨今のアウトドアブームにおける人口増や焚火ブームは、登山をする私には影響が薄いというのは書いたとおりであるが、世の中ではそうではないらしい。


河川では燃えきらなかった薪が残り、キャンプ場で持ち込んだ荷物を燃やし、燃えやすいものがある環境下で焚火をしたために延焼騒ぎになったニュースもある。

こうした事例に対処するべく、キャンプ場では直火による焚火が禁止となったところもある。その内さらなる規制がかかる事もあるかもしれない。

そもそも、何故こうした焚火による問題が増えているのか。

ひとつはユーザー人口の増加である。キャンプ人口は10年前と比較して100万人ほど増加しており、マナー違反者が増えて問題が顕著になるのは、ある意味自然な流れである。

もうひとつは、新型コロナウイルスによる自粛規制だ。閉鎖環境から飛び出して野遊びをしたいというのは納得だが、知識なくとりあえず道具を揃えてみたものの、使い方や自然と共生していくためのマナーというところまでの準備には至らなかったことが考えられる。

最後に、SNSユーザーの増加だろう。絵力が抜群なキャンプと焚火は、エゴイズム全開の知識なしでフィールドに入る人が増えた一因だ。


こうした要因を最も危惧しているのが、今日まで自然と親しんできたアウトドアユーザーである。私もその一人であるが、特に頭を悩ませているのはキャンプをメインにする人達だ。利用が制限されるというドライな見方もあるが、自分達が大切にしてきたフィールドが一瞬にして荒らされていく時の心情は、想像するに容易い。

さらに危惧するのが「体験」という場が減少していくこだと最近よく感じる。ネット環境の普及は、人に新たな記憶を増やし、膨大な知識をデバイスを通して与える事となったが、ネットワークで対応できないのは「生の体験」である。「犬の毛の触り心地」とネットで記載があっても、実際に触った体験と一致させることが必要であり、この体験が脳に最も刺激的な記憶として残り「自分だけの知識」となる。最近はレビューやイイねで、他人の意見や知識が自分のものの様に誤認してしまうことが、多様性が認められ、また求められている社会における問題だが、キャンプ場における焚火を始めとした自然での体験は、こうした多様性を獲得していくための大事な環境である。

こうした体験とフィールド、人間との共生という問題をクリアするために必要なのは、果たして何だろうか。

KIMG2251


火の取り扱いや自然との関わりを幼少期から深める「体験」、それを後世へ繋げるための「伝承」、今ある「環境」を見直す、人が人に下す「規制」(あんまりしたくない)。きっと考えれば沢山の方法があり、今この時をそれを実践されている個人や団体、企業はある。決して何もしていないわけではないだろう。

とはいえ、これまで資本主義という大きな流れを急成長させ、文明を発展させてきた現代社会の歪みが出てきたのかと思うと、人のエゴの副産物が、こうした焚火問題となったことを認める必要があるとも感じる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

児童養護施設の平等と公平とは

健康で文化的で最低限度の生活を営む権利を有する。

この言葉は、児童養護施設に子ども、そこに携わる者誰もが意識する言葉である。最近はこの言葉を紐解こうと思考を巡らせている。

KIMG2313


児童養護施設で生活する子ども達は、家庭ではないところで支援が必要であることから施設に入所する。食事が満足に与えられない、保護者から暴言を浴びせかけられる、暴力を受けるなど、その事例は非常に多岐に渡るが、健康を害され、生活を営むための衣食住や教育を受けられないといったことが要因であり、虐待で言えば、保護者の一方的な行為によって保護者が何らかの利益を得、子どもが被害を被ることが原因として、親元から離れ児童養護施設で生活する。

児童養護施設で生活する子ども達にはこうした背景があり、誰もが「当たり前」に受けられる生活や「安心」「安全」を施設で「平等」に受ける権利がある。教育は誰もが高校卒業まで受けることが出来、食事も朝昼晩、温かい状態で食べ、安心して布団に入り眠る。保護者の代わりとなる職員(大人)が常にそばにいるというのも、一般家庭では平等ではないかもしれないが、社会は常にあなたを見守っているサインとして、欠かせないアクションである。

児童養護施設の子ども達は、我が国の根本にある「誰もが平等に受ける権利」の元、生活している。その中で子どもは育ち、社会の荒波の中へ踏み出していく。

KIMG1885 (1)


ここまで述べて、ちょっと疑問を感じてくる。社会は「公平」であるということだ。社会は公平であることで平等が成立するのであるため、子ども達は、平等を保障しながらも、公平な生活を送ることも必要になってくる。

例えば、子どもがスポーツに強いスクールに通いたいとして、そこは遠距離、学費も高く、そう安易に行けるところではない。その子どもは幼い頃からスポーツに励み、中学校では部活動の部長を務め、部を全国大会出場という快挙を成し遂げていた。

この場合、一般家庭であればどうするだろうか。私がその保護者であれば、きっと多少の無理をしてでも送り出したり、資金を調達するべく奔走したことだろう。

しかし、こうした例の場合、民間団体に頼る方法を除いては、施設に供される予算では、この子の望むスクールに行くことは難しい。方法があるとすれば、この子が持つ「資産」である。

資産の最たるモノが「児童手当」だ。次いでアルバイト、日々施設から渡される小遣いも該当する。
こうした個人の資産を活用していく以外に、この子が通う方法はない(少なくとも私のいる施設では)

「子どもの資産なら使っても良いのでは?」と思う人もいる。私も実際のところ、そう思う。どんな手法でも子どもが望むなら使えば良い。ただここは非常に難しい判断で、色々なケースがある。

しかし、施設に入ったところのスタートラインを考えれば、皆最初は「ゼロ」からのスタートが基本だとも思う。そこから子どもが努力し得てきた結果で、施設は公平な判断を下し、金が必要であれば支出すべきだ。既に持っている資産から支出することは、ちょっとズルい。そして施設にいる間に子どもの資産を使えば、施設を出る時に一文無しで社会に出るリスクもはらんでいる。これには支援の在り方にも矛盾が生じることだろう。

施設で暮らす子ども達は、皆平等だ。しかし、公平は保障されていない。この子のために施設の予算を使おうとすれば、そこには平等の名の下「一般家庭であれば通えない子もいる」といった議論が行われ、時に公平な判断が成されないこともある。これが自分で収入を得られる高校生であれば別かもしれない(公平な機会を自ら得られる)が、小中学生はどうだろうか。「一般家庭が無理なのであなたも無理です」と、子どもからしたら訳の分からない理屈を並べられて、社会への不満を募らせていくのは間違いない。

こうした例もある。子ども達「個々の」自転車は、民間から頂ける寄付や寄贈で賄われている。もちろん予算内で購入も出来るが、それが全国どの児童養護施設でも対応できるかといえば、地域差があるのが恐らく現状だろう。

そうなると、子ども達は貯めた小遣いで購入することになる。私が幼少期の頃は、成長に合わせて親が自転車を購入してくれ、そのおかげで地域の隅々を移動する手段があったことで、「移動の限界」ストレスから開放され、友人ともザリガニ釣りに出かけ、トカゲの捕獲に精を出すといった活動が出来、今でも思い出と励みになっている。

大人が子どもの成長に合わせて購入することが、子どもに「平等」に与えられるべき権利ではないだろうか。

私は子どもに筋の通っていないことは説明しない。それは私の責任であり、子どもとの信頼関係においては最も欠かせないことだと思っている。他が無理だから君も無理だよ、などとは口が裂けても言えないし、大人の都合で理屈を捻じ曲げるのも好まない。自転車に関していえば「本当なら買ってやりたいが、それを買ってやれる金が無い。」と伝えるのが、私が思う筋である。

「平等」というラインを抜け出せば、子ども達は一般家庭であれば報われる努力をしたとしても、施設では報われることのない努力を続けることとなる。人間は自身の行動に対する結果(報酬)を得て生存する生き物だ。エゴや上昇志向を否定し、ただ与えられるものだけを受けて育つ子どもは、果たして本当の支援を受けることは出来るのだろうか。

児童養護施設は難しい立ち位置にいる。それは、これまで貧困という社会の中で生まれたシステムが故に、現代の「望み、行動することで叶う社会」には十分に対応できていない。

とはいえ、私が児童養護施設に務めてからシステムが変わらなかったといえば、そうでもない。子どもが望めば学習塾に通えるようになったし、私立の学校にも通えるようになった。子どもが望み、努力した結果に応えられるようになってきているのは、間違いのない事実である。

児童養護施設は「平等」と「公平」を内包した施設であることが理想だ。

それは今の社会システムが公平な社会を目指しているからで、児童養護施設もその流れを汲むことが必須だからだ。

そして、ここにきて最後に思い出すのが「健康で文化的で最低限度の生活」だ。いわゆる児童養護施設における「平等」のラインとも言える点だ。最低限度の生活とは一体どの程度のことを言うのだろうか。スクールに通えること、自転車を買えることは最低限度なのか、それとも最低以上なのか。

児童養護施設は「一般的に見れば」既に最低限度の生活をゆうに超えている生活環境を提供されている。

私の家はいつも親が在宅している生活ではなかったし、なんなら食事は時に惣菜がメインであった。また親友であるO君の家は、和式便所で遊びに行く度に「トイレが壊れててね」と言われ使用不可、O君はウンコを我慢しては野糞(今の私の推奨)かとりあえず便器に落とすということが日常茶飯事だったことだろう。実家は大都会横浜の隣町であり、世は既に平成であったが、その当時ですらこの生活環境だ。私の施設は5LDKに綺麗なトイレが2つある。O君が聞いたら天地がひっくり返るほど驚くに違いない。

私と親友の生活環境は、外から見たら健康で文化的であったかといえば疑わしいのかもしれない(私も親友も健康にスクスク育ちました)。が、自転車は乗れていたし、私は習い事にも自身の金を払わず、当時は児童手当もなく、親の収入(施設でいえば措置費)で通えていた。

健康で文化的で最低限度の生活とは何なのか。ここを考えていけばいくほど、施設の矛盾が発生していることに気がついていく。健康で文化的で最低限度の生活、これを児童養護施設職員が現場で突き詰めて考えていく必要があるだろう。

KIMG2371


今回出した例はほんの一例に過ぎず、きっと児童養護施設には、平等という言葉に隠された不公平が、まだまだ潜んでいる。ひとつひとつの問題を発見し対処する。そこには子どもが公平に評価されるシステムを目指すというテーマが必要だ。

公平な施設を目指すには、今の施設職員がこの問題に気づき、そして声を上げることも必要である。


ブログランキング・にほんブログ村へ

【山×家族×仕事】登山者の三大北壁を考える

登山には三つの壁がある。
KIMG2152

アイガー・グランドジョラス・マッターホルン。どれも登攀することは困難とされるアルプスの三大北壁と呼ばれ、これまで名だたる登山家が挑戦し、登頂という栄光を得た人から帰るぬ人になった者まで、まさに「命がけ」で挑む山である。

マッターホルンの突き出た山容と自然の造形は、見ているだけでも興奮が抑えられない、人間の深奥に呼びかけるような美しさがある。その美しさの裏腹にある「ここを登れるのか」という恐怖に対峙し登頂を目指す行為は、生きることの本質を追い求める、人間の呆れるほどに純粋な「生」への執着と表現行為に他ならず、北壁の美しさはその山容のみならず、そこに挑む登山家と合わせてのものである。登れないにしても、その目にいつかは焼き付けたいのが三大北壁である。

世界にはこうした三大北壁があるが、実は登山者には誰にも起こり得る三大北壁がある。

それは「就職」「結婚」「子育て」である。

この壁は主に20代から眼前に姿を現し、現実の三大北壁と同様、一見して美しく麻薬的な高揚を得られるものであるが、その裏には日本の霊峰であり冬にはその禍々しさと神々しさを同居させる富士山に似た恐怖を備えている。

ベースキャンプを抜ければ「公休以外は山に行けない転倒」「転勤滑落」「結婚遭難」「結婚式の段取り調整悪天」というアクシデントが想定され、中でも群を抜いているのが「登山計画にない育児というルート変更」である。

これら全ての要素を乗り越え登頂を果たした登山者はそう多くはなく、実際私の知っている人でも、何とか家族を騙くらかして山に登った人がいたり、かつてこの北壁に挑戦した人で「お前はもう登れんぞ」と果敢に挑んだ武勇伝を寂しい背中で語り、私に訪れる未来を告げて飲み屋を後にした人もいる。

仕事や結婚に関しても同様である。

急な仕事が入れば、例え翌日に計画していた重要な山行であっても延期に追い込まれる事も珍しくない。
世の中には「自然は逃げない」という都合の良い謳い文句があるが、計画を立てた山は「今この時」しかなく、山に登る理由もその時々で違う、自然は逃げないが、今見えている山は今しか登れないのだ。

「明日は大事な山なんです」と登山者のエゴを全面に押し出しても「こっちも大事な仕事だよ」と言われれば、本当にその通りであるので延期を余儀なくされる。

結婚でいえば「私と山、どっちが大事なのよ」と選択を迫られる。これもまた登山者に訪れるイベントのひとつで、私はここで「もちろん君だよ」と言い切れた登山者を聞いたことがない。

山を継続的に登っている人は、山という自然に魅せられ、登山という行為に「自然」や「人生」「文明」というテーマを追い求めていく(ものだと勝手に思っています)そのため、自分という存在がフィールドワークで構成されているといっても過言ではなく、ここに「私と山」という選択肢を迫ることは「自分を否定してあなたを選択させる」ということと同義であり、もはやこの質問は「私を」空っぽにさせ、何の約にも立たないポンコツ人間にさせる魔法の言葉なのだ。

故に、この「就職」「結婚」「子育て」という北壁を越えることは困難を極め、ここを越えた人は、多大なる功績を残した登山家に贈られるピオレドール賞に相当する栄光を手にすることが出来る。

KIMG2190


ここまでの話を経ると「文明社会にいる限り、登山者は満足な登山が出来ない」ということになる。
果たしてそうだろうか。最近はそんなことを考える。

2週間ほど前「行きたい山に行けなくて大変ですね」といった声があった。仕事は大変、子育てもある中で休日に山に行きたくても行けないだろうという私を存分に労ってくれたありがたい言葉である。

私にとって山は自分を構築する上で非常に大事なキーワードである。前述のように、登山という行為が無ければ今の私は存在しない。

しかし、家族と仕事が私を構築しているのも事実であり、大事な要素である。

登山者は山が好きで登山をする。入山する時はドキドキワクワク、自分しかホモサピエンスが存在しない世界を思う存分骨の髄までシャブリ尽くしてやろう、などと考えていると世の中の人は考えているかもしれない。

本当のところ「帰りたい」と思う事がよくある。

バックパックの中を開ければ、モワンと洗濯用洗剤の香りが漂う。その瞬間に想うのは妻の顔であり、道具を入れたスタッフバッグの中には、私が不在の間にコッソリ入れたのであろう、娘が私の部屋に侵入して入れた私物が入っていたりする。これから何十時間にも及ぶ「家族」との断絶と命を落とすかもしれない自然環境に入り込むこととなれば「今なら帰れるな」と思わないわけがない。

それでも山に入るのは、私を構築する要素が「本当に大事だと心から実感する」ためである。家族からしたら「旦那は家族より山が大事」としか見えないが、実はその逆である。

山と家族の関係は強い繋がりがあるが、仕事も山とは切れない関係がある。
それは「文明との繋がりと表現行為」として存在しているからである。

仕事とは山が遠ざかる要因として思われがちだが、そうでもない。私の職業は福祉職である。児童養護施設で勤務しているのは「社会は親と共に子育てを担うべき」という考えを最も具現化した場所であり、私の意思を現実化した事で対価を得られる「ありがたい空間」が仕事だ。

個人的な考えでは現職は仕事ではなく、一次産業、二次産業あたりを仕事として認識もあってか、好きなことを給料を貰ってさせてもらっている、という意識を持っている。山で得た体験を仕事で活かすことで、人生は非常に豊かになり「早く次の山に行きたい」というモチベーションにも繋がる。

つまり山を構成するのは、その場に見える山容だけではない、家族や仕事の繋がりを含めて山であり、これの内どれかが欠けては、私は山に登る意味を失うことになりかねない。

KIMG2261


2週間ほど前「行きたい山に行けなくて大変ですね」と声をかけてくれた人に私が伝えたのは「僕が選択したことなので」という返事である。

山も、家族も、仕事も、全て私が選んだことであり、私が行動した結果の末の現象が今起きている。そのため、私は大変と思うことはない。これまで「結婚したら好きなことが出来なくなる」と言う人を見てきたし、昔はそんなことに私も怯えていたが、そういう風に考えたり選べなくなる人もいるのかと、最近は思ったりしている。

山、家族、仕事は、どれもバランスが大事だ。どれかが欠けてはいけないし、偏りすぎてもいけない。

登山者の三大北壁というのは一見して登頂困難な絶壁である。しかし、時を経ても変わらぬ美しさを放ち、登頂ルートは無数に存在している。

登山者にとって、自分を構築する全てが山であると思うと、家族も仕事も悪いものではないだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • キャンプと焚火問題を考える
  • キャンプと焚火問題を考える
  • キャンプと焚火問題を考える
  • 児童養護施設の平等と公平とは
  • 児童養護施設の平等と公平とは
  • 児童養護施設の平等と公平とは
  • 【山×家族×仕事】登山者の三大北壁を考える
  • 【山×家族×仕事】登山者の三大北壁を考える
  • 【山×家族×仕事】登山者の三大北壁を考える